スポンサーリンク

【ワンピース第974話ネタバレ最新話確定速報!】裏切者の内通者は黒炭カン十郎だった!海賊たち集結!20年間の年月を超えついに決戦の時!

ワンピース

今回の記事では、ワンピース最新話第974話のネタバレ情報をまとめていきます

スポンサーリンク

前回第973話振り返り

もか
もか

前回の記事はこちら!

スポンサーリンク

おでん様の遺言

空島からタコバルーンで青海へと降りるロジャー海賊団

その途中、おでんはモモの助を高い高いします

こんな高い空から見ても見渡せないのが”世界”だとモモの助と日和に告げるおでん様

ワノ国にはない景色をよく見ておけと、言います

ワノ国に戻り、家臣たちに外海で知ったことを語るおでん様

「ゾウ」と「光月家」が歴史的に固い絆で結ばれていたことも話します

「いざ」という時は「ゾウ」を目指せ!
必ず強い助けになってくれると、おでん様は話します

スポンサーリンク

九里城へと急ぐ赤鞘九人男

場面は回想から処刑後に戻り、火の手が回った九里城を目指して走る赤鞘九人男たち

赤鞘九人男の行く手をカイドウの部下たちが阻みます

しのぶが取り戻した武器を手に敵を蹴散らしていく錦えもん

自分も光月の家臣でいいのかと自らの立場を図りかねているしのぶに、しのぶの心一つだと説きます

一方でおでん様はが殺されたのネコマムシが煽ったからだと喧嘩を始めるイヌアラシとネコマムシ

喧嘩で注意力が散漫になったところをナンバーズと思われる追っ手に捕らわれてしまいます

助けている時間はないと、先を急ぐ錦えもんたち

傳ジローとアシュラが殿をとなり、敵を食い止めている間に錦えもんたちは九里城のトキたちの元へと急ぎます

スポンサーリンク

九里城にいるカイドウ

すでに炎に包まれた城の中、モモの助と日和は必ず逃がすと言うトキ

しかしそこにカイドウがやって来てしまいます

倒れるトキの姿に泣き叫ぶ日和

モモの助はカイドウに捕まれて今にも落とされんといった状況です

おでん様のことをバカ殿だと言い、モモの助が死ねば「光月家」は終わりだと言うカイドウ

しかしトキの言葉を思い出したモモの助は泣きながらも、父 おでんが偉大な武士で自分はいつかワノ国を背負って立つ男だと言います

そんなモモの助の言葉を言わされた夢だと悟るカイドウ

おでんの息子の予想以上の幼さに落胆したカイドウは、城と共に燃えて死ねと止めを刺さずに立ち去ります

燃え盛る城の中、トキたちの元駆けつける錦えもんたち

そんな錦えもんたちに、トキは未来へと旅立つことを告げるのでした

スポンサーリンク

トキの最期の言葉

城から飛び出して、日和を抱えて堀を泳ぐ河松

出入口で構える追っ手の目を欺いて脱出します

敵が構える城門を馬で突破するトキ

馬を駆けさせてどこかへと向かうのでした

その頃、燃え盛る九里の城を見て嘆く「博羅町」の民たちは、光月家を、おでん様を信じ抜けなかった自分たちに”天罰”が下り、明けることのない永遠の夜が始まるのだと言います

馬を駆けさせながらおでんとのやり取りを思い返すトキ

800年前から時代を越えてやって来た自分に20年後に跳べと言うおでん様

そんなおでん様にトキは苛立つ様子を見せます

800年前の過去から逃げてきた自分。
未来へ跳べば誰かがやってくれると思っていた自分

そんな自分を吹っ切るように、「博羅町」に到達したトキは20年後に託す意志を語ります

“二十年和訳編む月夜に九つの影を落とし”
“まばゆき夜明けを知る君と成る”

そう語るトキを撃つ、一発の銃弾が…

凶弾に倒れたトキは、命を落としてしまいます

九里城を落としたものの、光月の侍たちの骨が出ないことに怯えるオロチ

熱湯に浸かっても水風呂に感じるほどの寒気に、オロチは侍たちが死んだ証拠を持ってこいと部下たちに言うのでした

スポンサーリンク

狂死郎の正体

トキ亡き後、バラバラになってしまった家臣たち

トキの最期の言葉に想いを馳せるアシュラ、日和を和ませようとする河松

傳ジローはお堂の中で溢れ出る怒りに叫んでいます

その壮絶さは相当なもので、お堂から出てきた傳ジローの目は釣り上がり、髪は白髪へと変わってしまっています

花の都へ向かい、「狂死郎」と名乗り始める傳ジロー

怒りを押し殺してオロチの御用商人として取り入り、その才覚は周囲の人々をも驚愕させます

ヒョウ五郎に取って代わる侠客とも呼ばれるようになる傳ジロー

“花の都”に狂死郎一家あり!!!

その評判は花の都に轟きます

そんな狂死郎にも弱点があると言う花の都の人々

いつも眠そうなついたあだ名は”居眠り狂死郎”

しかしその真相は、傳ジローは夜中に丑三つ小僧として義賊として動いていたのです

スポンサーリンク

傳ジローと日和、小紫の誕生

ある時、河松の側から日和がいなくなってしまいます

いなくなった日和を大声を上げて探す河松

そんな時、都に迷い込んだ可愛い身なし子が傳ジローが経営する店の店先で見つかります

その姿に驚きを隠せない傳ジローでしたが、身なし子を座敷へと上げるのでした

身なし子に頭を下げ、姿は変わってしまったものの自分が傳ジローであることを告げる傳ジロー

その身なし子は河松の元を離れた日和でした

“怒り”に取り憑かれたこの顔では、錦えもんたちでも正体に気付かないだろうと言う傳ジロー

日和に花魁としての”小紫” という名を名乗らせる傳ジロー

いつか来る「決戦」の時まで”狂死郎”として、味方にさえ正体を隠して準備を整えていたのです

スポンサーリンク

最新話第974話ネタバレ確定要素

※ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

小紫と狂死郎

花魁として活躍する小紫は、

「丑三つさん、お金が入ったから」

と狂死郎にお金を渡します

それに対して、狂死郎は

「また無茶を…」

「確かにえびす町にバラまいて参ります」

と返します

そして、

「血のりは毎日着物に仕込んでください」

「オロチは完全にあなたにホレている、おでん様の娘とも知らずに」

「お辛いでしょう」

「万が一の時は“死”で小紫とオロチを引きはがしますゆえ」

と言います

これがあの時小紫を斬った狂死郎の作戦だったのです

「もう少しだから大丈夫、もう少しで、20年」

と日和は言います

スポンサーリンク

焦るオロチ

時は、数ヶ月前に遡ります

酒を飲むカイドウとオロチ

錦えもん、カン十郎、雷ぞう、菊の烝、モモの助が20年前のあの日からトキの能力で飛んできたことを知ります

それに対してカイドウは

「そんな能力、本当に存在するのか?」

「あの燃える城から!?」

「ビビってるお前を誰かが担いでんじゃねェか?」

と返しますが、オロチは確信しているようです

部下たちに海岸を見張らせます

そして、カイドウは殺さず捕らえるように言います

この20年で、光月の生き残りに聞きたいことができたようです

そして、錦えもんたちのことを密告していた裏切者の話をしています

スポンサーリンク

内通者・カン十郎

そして、時は現在

荒れる海を小舟で錦えもんたちは渡ろうとしています

それを止めようとするモモの助ですが、錦えもんはとまりません

そして、全員がまた作戦が漏れていることに気づき始めます

錦えもんは、

「考えたくはなかったが、この中におそらく敵の“内通者”がいる」

「正直今更知りたくない」

と言いますが、菊の烝が

「錦様!あなたらしくないですよ!」

「内通者を見つけ!!斬り捨てて前へ進むあなたじゃなければ!!」

「拙者達も前に進めません!!」

と胸ぐらを掴んで叫びます

そして、カン十郎も

「菊の言う通りだ!!錦!!」

「はっきりさせようぞ!!」

「おれがそうだってことを」

と言い放ちます

カン十郎が内通者の正体だったのです

スポンサーリンク

黒炭カン十郎

驚きを隠せない錦えもん

「冗談はよせ」

「我らは皆、釜茹でで処刑される筈だった!」

と言いますが、カン十郎は

「そうだ共に死んでこそ完全なる役が完成していた!」

「ガキの頃心を失ってからおれはずっと死に場所を探してた」

「おれの様な男は始めからいない…!」

「お前らと共に一喜一憂し、完璧な信頼を得て…誰も恨まず、傷つける気もない」

「ただ…唯一情報だけをオロチ様に送り続けた」

それを聞いた菊の烝が

「なぜそんな事を!!」

と返すと

「おれの名は」

「黒炭カン十郎!!」

「理由はこれでいいか?」

と言います

スポンサーリンク

筒抜けだった作戦

「最初の作戦が漏れたのもローの部下が口を割ったわけじゃない」

「それをうまくフォローし、己の命と引き換えに集合場所を変えた康イエはさすがだったが…」

「おれに伝わった時点で、奴は“犬死に”になった!!」

と続けるカン十郎

錦えもんは怒りの表情と共に涙が

「ビブルカードなしで行きつける筈もない『ゾウ』にジャックが現れた時不審に思っていたな、イヌアラシ」

「なぜおれ達を疑わなかった?」

「こうなるまで!なぜ身内を疑わなかった!?」

「おかしかった筈だ!ずっと!何もかも!!」

とカン十郎が話していると、目の前には百獣海賊団の海賊船が…

そして、カン十郎の首を斬るカン十郎

しかし、カン十郎がモモの助を抱き抱え港にいます

錦えもんたちとともにいたカン十郎は、絵だったのです

スポンサーリンク

海は海賊が相手だ

絶体絶命のピンチに

「もー!あんたらよくこんな時に寝てられるわね」(ナミ?)

「あ〜直ったのか船…」(ゾロ?)

「うおー!食って寝て起きたおれは一番強ェぞ!」(ルフィ?)

と声が聞こえてきます

「何だ!?」

と驚くカン十郎

「撃てー!」

と同時に百獣海賊団の船が一隻撃たれます

「わりい!ちょっと遅くなった!」

とルフィが叫びます

「敵の船は全部沈めたんじゃねェのか!?」

と驚くカイドウの部下たち

すると、海底から今度はハートの海賊団の潜水艦が

「こんな小舟で嵐の海に出るなんてバカかお前ら!!」

「海をナメすぎだ侍共!!」

とローが叫びます

そして、再び大砲が

「おい!」

「向こうの港にバカみてェに船と侍が集まってたが、ありゃ何だ!?」

「邪魔で沈めてやろうかと思ったぜ!」

とキッドも登場!

キッドを見たルフィは

「結局来んのかよギザ男!」

と言うと、キッドは

「カイドウの奴をてめェにやるか!!」

と返します

これには、カン十郎も

「聞いてない状況だぞ!?」

と驚いています

そして、ルフィが

「お前らー!!💢」

「なに侍の小舟いじめてんだ!」

「海は海賊が相手だ!!!」

とロー、ルフィ、キッドがそろいました

やはりこの3人が集結!次回へ続く!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ワンピース第974話のネタバレ情報をまとめていきました

ちなみに、もかチャンネルではワンピースを含むジャンプ漫画の考察動画を投稿しています

最近はブラクロに力を入れているので、ブラクロ好きな方はぜひチェックしてみてください♪

もうすぐでプレゼント企画も実施するのでぜひチェックしてみてくださいね!

【ブラッククローバー考察】悪魔界VS人間界!?4つの国の敵として現れる魔神・ジョーカー!ラスボスは魔神!?【ブラクロ最新話第241話ネタバレ】
【ブラッククローバー考察】アスタに憑いている悪魔は魔神の血を引いている!反魔法を使う悪魔は悪魔の世界でもトップランク!?【ブラクロ最新話第241話ネタバレ】
もか
もか

良かったら、チャンネル登録よろしくお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました