【ハイキュー第388話ネタバレ最新話確定速報!】影山の前に立ちはだかる翔陽!俺もまだ負けていない!影山の反撃!2人の勝負の行末は?

ハイキュー
スポンサーリンク

今回は、ハイキュー第388話のネタバレ情報をまとめていきます

前回第387話振り返り

もか
もか

前回の記事はこちら!

最強の味方から再び敵へ

脳裏には6年前

菅原は、高校時代に翔陽と昼休みにレシーブ練習をしていた時のことを思い出します

「今度は”最強の味方”じゃん」

そして、現在

「そんで、また」

敵から、最強の味方となった翔陽と影山

そして、今再び敵として向かい合います

影山の人生

(だいたい)21年と1ヶ月前

影山はまだ0歳

影山にはお姉ちゃんがいて、お姉ちゃんもバレーボールをしていたようです

そして、お姉ちゃんのボールを抱きかかえて噛み付いています

取り返そうとすると、おじいちゃんですら取れないほどの力で握ります

この頃からバレーに興味があるようです

体育館が好き

影山が3歳、4歳の頃

お姉ちゃんの練習が遅くなるので、影山はおじいちゃんと共に体育館まで行くことに

そして、体育館の隅でボール遊びをする影山

試合の日、おじいちゃんは

「飛雄、今日は試合の日だからあんまりボールには触れないよ?」

というと、

「いい」

「体育館すき」

と影山は返します

「へぇ〜どこが好き?」

影山は

「色とにおい」

と返します

おじいちゃんは

「わかる〜〜」

なんだか、翔陽に似ていますね笑

1番ボール触れるとこ

どうやら影山のお姉ちゃんは高校に入った時に、バレーをやめてしまったみたいです

しかし、影山はずっとバレーに打ち込んでいます

おじいちゃんとトレーニングにランニングをしたり、家の庭でキャッチボールをしたり、アドラーズとブラックジャッカルの試合をDVDで見たりしています

この頃からアドラーズに入りたかったのかな?

すると、おじいちゃんが

「飛雄は、ポジションはどこがやりたい?」

と聞くと、影山は

「1番いっぱいボール触れるとこ」

と返すと、

「そりゃあセッターだな」

「じゃあセッター」

影山がセッターになった理由は、本当にボールに1番触れるから、それだけなんですね笑

めんてなんス…

バレーの試合を生で見に行った影山

そして、もっとうまくなりたい影山は

「もっと練習したい」

と言います、それに対しておじいちゃんの一与くんは

「飛雄、練習と同じくらい大事なことを教えよう」

「自分自身の『メンテナンス』だ」

と教えます

しかし、聞いたこともない言葉に影山は

「めんてなんス…!!」

と目を光らせています

もっとずっと試合をしたい

そして、ユニフォームをもらった影山

小学4年生の影山は、サービスエースを連発します

客席から見ている一与くんは、ニコニコしています

周りからも中学生とも戦えそうだと言われています

そして、20点を取った時、スコアを気にした影山

それを一与くんは見逃していませんでした

試合の帰り際、

「飛雄、試合後半」

「わざとサーブ弱くした?」

そして、びくつく影山に

「わかりやすい…あんまし良くないことだと思っている」

と一与くんは思っています

影山も弱くしたのはあまり良くないと思っているようです

「どうしてそうしようと思った?」

と聞くと、影山は

「試合が、早く終わっちゃうと思った」

「もっとずっと試合してたかった」

と言います

強くなれば目の前に強い誰かが現れる

「強くなれば」

「どんどん試合できるよ」

「どんどんバレーできるよ」

「強くなれば、絶っっっ対に目の前にはもっと強い誰かが現れるから」

と一与くんは目をキラキラさせながら影山に言います

そして、影山も目をキラキラしています

中学、高校、そして今

北川第一に入学した影山

どうやら一与くんは、青葉南病院に入院しているようです

「1年で180cmある奴居る」

「あと3年生にすっごいサーブ打つ人がいる」

と伝えます

「ほぉん…?ジャンプサーブか」

そして、

「うん」

「トスもうまい」

「でも、教えてくれない」

と言うと

「そりゃあお前、チームメイトと言えどライバルだからな!」

と一与くんは言います

試合を見たいと言う影山ですが

「飛雄、ごめん」

「じいちゃんちょっと疲れたから明日でもいい?」

と言います

そして、一与くんは亡くなってしまいます

そして、現在

アドラーズのホームゲームを完全にブラックジャッカルカラーにしてしまった翔陽

強くなれば

絶っっっ対に

もっと強い誰かが現れる

と影山は楽しそうな顔をしています

影山の携帯の画面には一与くんの写真が写っています

最強の味方だったから…

最新話第388話ネタバレ確定要素

※ここからはネタバレを含むので、注意してください!

今回のタイトルは、「最強の敵・2」です

抜群の安定

影山は、今敵にしている佐久早、木兎、宮侑、翔陽のことを考えます

「佐久早さんのボール、相変わらず取り辛い」

「パワーも増してるんだろな」

「つうかこの人、サーブレシーブ上手えのも厄介なんだよな」

「木兎さんの状況判断とそれに連動できる身体能力がやべえ」

「日向のフェイクセットにも難なく合わす」

「で、木兎さんにびっくりした直後のツー」

「宮さんの思考の方が、早かった悔しい」

「そんでコイツ…!」

「バランス!!」

と、若利のサーブを難なくレシーブする翔陽を見て思います

「元々良かったが、今段違い…砂!」

「やっぱり砂か!!」

「不安定の上で磨かれた、抜群の安定」

そして、トマスがスパイクを決めます

影山は翔陽に向かって、

「砂め…!」

と心の中で呟きます

星海の100%

試合を見ている武田先生と烏養コーチ

武田先生が

「あの」

「影山くんは、例えば星海くんと変人速攻はできないんでしょうか?」

「日向くんのように100%の信頼で飛ぶ…わけじゃなくても星海くんなんかは空中戦の達人ですし」

「はやいトスを打つ技術はきっとありますよね?」

「『変人速攻』という武器の種類が増えるのは影山くんにとって魅力では?」

と聞くと

「できると思うぞ」

「ただやらないだけじゃねえかな」

と返します

「先生の言う通り、星海は空中戦の達人だ」

「星海を活かすなら、『はやさ』より『空中での余裕』って選択なんだと思う」

と言います

ブロックの間をうまく狙って点を決めた星海

影山は得意げに翔陽の前を通りながら、ドヤ顔

なんだ?と不思議に思う翔陽に宮侑が

「『俺の得点は俺のモノ』」

「『スパイカーの得点も俺のモノ』やねん」

と言います

トップレベルは日向だらけ

影山のサーブから始まります

レフトから翔陽のスパイク!

これは、平和島が上げます

しかし、ネットに近い

でも、影山はこのぐらいのボールならどこにでも上げる

と信じるアドラーズのメンバーは全員で助走に入ります

これを見ている黄金川は

「ネット超えそうなボールに何で全員助走に来んの!?」

とこの行動に怯えています

この光景を見ている田中は

「前は、あの影山さえも追い込む存在が日向だった」

「でも、トップレベルは」

「日向だらけ」

と、全員が助走に入る中、影山のセットアップ

俺もまだ負けていない

誰に上げるのか、翔陽たちは全神経を尖らせます

しかし、影山はトスにあげた手を下げます

影山が見送ったボールは、ネットを超え、翔陽の頭の上を超えます

これを見ている菅原は

「どんなボールも上げてきた影山だからこその」

「触らないという選択肢」

あえて、誰も使わない影山

なんという贅沢

中学時代に対決した時の翔陽の姿を思い出す影山

「俺もまだ負けてないぞ」

と次のサーブを打ちます

鷲、反撃の羽搏き…次回へ続く

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ハイキュー最新話第388話のネタバレ情報をまとめました

ちなみにもかチャンネルでは、ハイキューを含むジャンプ漫画の考察動画を投稿しています!

最近は、ブラッククローバーに力を入れているので、ブラクロ好きな方はぜひチェックしてくださいね!

【ブラッククローバー考察】ブラクロの中の恋愛事情!アスタやヤミと結ばれるのは一体誰?意外なカップルも誕生する!?【ブラクロ最新話第244話ネタバレ】
【ブラッククローバー考察】最新話でアスタの姿が変わった理由!アスタは魔神の力を秘めている?魔女王のセリフに隠された伏線【ブラクロ最新話第242話ネタバレ】
【ブラッククローバー考察】黒の暴牛団副団長ついに登場!副団長が使う魔法が判明!?〇〇魔法を使う女魔法騎士だった!?【ブラクロ最新話第242話ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました