スポンサーリンク

【鬼滅の刃第192話ネタバレ最新話確定速報!】耳飾りと日の呼吸が竈門家に代々引き継がれてきた理由がついに判明!

鬼滅の刃

今回は、鬼滅の刃最新話第192話のネタバレ確定情報をまとめていきます

スポンサーリンク

第191話振り返り

もか
もか

前回の第191話を動画で振り返りたい方はこちら!

鬼滅の刃最新話 第191話 どちらが鬼か Kimetsunoyaiba 191 Dotiragaonika【鬼滅の刃第191話ネタバレ】

前回は、柱や伊之助、善逸、カナヲが無惨の攻撃に倒れました

そして、眠っていた炭治郎が目を覚まし、無惨との一騎打ちが始まります!

スポンサーリンク

鬼滅の刃第192話ネタバレ確定要素

※ここからはネタバレを含むので注意してください!

もか
もか

第192話を動画で見たい方はこちら!

鬼滅の刃最新話 第192話 廻る縁 Kimetsunoyaiba 192 Meguruenishi 【最新話第192話ネタバレ】

「廻る縁」

最新話第192話のタイトルは、「廻る縁」です

この「縁」は、縁壱のことを表しているのでしょうか?

日の呼吸の全ての型

まずは、炭治郎の祖先・炭吉の記憶の旅の続きから始まります

縁壱は、温厚で飾り気の無い優しい性格で、人を惹きつける魅力を持っています

炭吉の妻・すやこが、

「日の呼吸の型を見たい」

と頼むと、縁壱は嫌な顔を一切見せずに型を披露します

炭治郎も、炭吉として縁壱の型を全て目にすることになります

そして、すべて目に焼き付けます

無惨撃破の鍵となる13個目の型を会得できるのか?

耳飾りの謎

久しぶりの再会と日の呼吸の型を披露してくれたことで、感謝の気持ちでいっぱいでしたがお別れの時です

暖かく迎え入れてくれた炭吉に感謝の念を表す縁壱は、炭吉に自分の耳飾りを渡します

その耳飾りこそが、炭治郎が引き継いだ耳飾りでした

もか
もか

耳飾りが代々受け継がれてきたのは、炭吉が縁壱から受け取っていたからだったんですね!

耳飾りを託した縁壱の姿を見て、炭吉は

「もう縁壱が二度と戻ってくることはないんだ」

ということを直感で気づき、涙を流します

縁壱の想いを受け取った炭吉は、必ず縁壱の残した耳飾りと日の呼吸を子孫へと受け継いでいくことを誓いました

もか
もか

炭治郎に日の呼吸と耳飾りが受け継がれたのも、炭吉と縁壱の関係があったからこそだったんですね

日の呼吸13個目の型

炭吉の記憶から意識を取り戻した炭治郎、縁壱から受け継いだ日の呼吸の12の型が寸分の狂いもなく伝承されていることを肌で感じます

しかし、縁壱の記憶の中では13個目の型を知ることはできませんでした

無惨を倒すためには、13個目の型が必須になるのは間違いないので炭治郎は必死に考えます

ヒノカミ神楽は、円舞から始まり炎舞で終わります

はじめと終わりが同音であることに意味があるのか…炭治郎は考えを巡らします

そして、父が夜明けまでずっとヒノカミ神楽を舞い続けていたことを思い出します

日の呼吸の始まりから終わりまで、12個の型全てを繰り返し舞うことで13個目の型は完成するのです…

無惨戦はついに最終局面

脳と心臓を複数持つ無惨を跡形もなく斬りつけるためには、日の呼吸を夜明けまで繰り出し続けなければいけません

13個目の型の秘密に気づいた炭治郎でしたが、夜明けまで攻撃を放ち続けることは体への負担も大きく、重症の自分にできるのかと、不安な気持ちも持っています

しかし、みんなを守るためにはそれしかありません

ついに、炭治郎は決心します

無惨の容赦ない触手攻撃が続いていますが、炭治郎は無惨の攻撃速度に対応し、日輪刀で確実に戦えています

そして、無惨からは、日の呼吸で戦う炭治郎の姿が縁壱の亡霊のように写っています

続けて無惨は、柱たちを倒した一撃を炭治郎へ放ちます

流石に避けきれなかった炭治郎でしたが、無惨の技の正体に気づきます

そして、無惨の攻撃に合わせて日の呼吸を放ち続ける炭治郎

ついに、日の呼吸の13個目の型を完成することができるのか?

気になる戦いは、次回へ続きます…

スポンサーリンク

もかチャンネル

もかチャンネルでは、鬼滅の刃を含むジャンプ漫画の考察動画を投稿しています

気になる漫画の考察動画をぜひ見てね♪

【鬼滅の刃】月の呼吸の秘密!月の呼吸を使えるのは黒死牟だけではない?禰豆子が日の呼吸ではないあの呼吸を使える!

よかったら、チャンネル登録もよろしくお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました