スポンサーリンク

【日常組考察】怪盗PKST団の正体は怪盗探偵集団だった!月刊コミック「フラッパー」で連載開始した「日常ロック」に登場するPKST団(マイクラ日常)まとめ!【日常ロック】

日常組

どうもみなさんCiao!もかです!

今回は、日常組考察3本目の記事です!

もか
もか

以前の2本の考察をまだ読んでいない方は、ぜひチェックしてね♪

もか
もか

連載開始の記念すべき1話についてまとめた記事はこちらです!

今回の記事では、怪盗PKST団についての考察です

スポンサーリンク

怪盗PKST団とは

そもそも怪盗PKST団とは一体何なのか

脱獄シリーズから見ている方は、なんとなく知っているかもしれませんが、第1話ではもう少し詳しくPKST団についての説明がありました!

脱獄1・脱獄2・盗賊シリーズの動画内では、言われなかった設定などもあるので、まずはそこからまとめていきます

まずは、名前の「PKST」というのは、そのまま

P:ぺいんとさん
K:クロノアさん
S:しにがみくん
T:トラゾーさん

の頭文字を取った形になっています

そして、第1話ではそれぞれの担当が明かされています

P:ぺいんとさん

まずは、ぺいんとさん

戦術や作戦を考える、いわばPKST団の”脳”のような存在ですね!

第1話でも、いきなりキレキレの頭脳を使って作戦を考えていました

K:クロノアさん

そして、クロノアさん

実際に作戦を実行するエージェント!

イケメン兄さんであるクロノアさんにぴったりな設定です!

S:しにがみくん

そして、しにがみくん

ハッキングなどを使い作戦をサポート!

「とらお」の作者であり、色々なゲームを作っているしにがみくんらしいキャラ設定です!

T:トラゾーさん

そして、トラゾーさん

トラゾーさんは、YouTubeでも言われていた通り

先に現場に侵入し、情報収集と脱走のサポートをする情報収集担当です!

スポンサーリンク

怪盗PKST団は怪盗探偵集団?

そして、今回の考察は「怪盗PKST団は怪盗探偵集団だったのではないか」というものです

第1話の冒頭で、YouTubeでもあった「監視カメラで自撮りしてみた事件」が新聞に載っています

しかし、その事件の本当の目的は、「不正を行なっている疑惑があったシールズカンパニーを調査させること」でした

シールズカンパニーは、鉄壁を誇る警備装置を扱っていた企業のようですが、PKST団が侵入したことで話題となり、調査が始まったようです

そして、疑惑があった製品問題が再浮上しているそうです

監視カメラでの自撮りは、副産物にすぎなかったのです

これが本当なら、PKST団は盗みに入ったわけではないようです

疑惑のあったシールズカンパニーの悪事を世に明るみに出すために侵入したように思えます

もちろん盗みはするのでしょうが、裏で悪事を働いている企業からしか盗みに入らないのかもしれませんね!

もか
もか

ちなみに、この考察のヒントになったのはKAT-TUNの亀梨さんが主演だったドラマ「怪盗山猫」です
亀梨さんが演じる山猫は、怪盗であり、探偵である「怪盗探偵」を名乗り、悪い噂のある企業や個人の財産を盗み、悪事を暴いていきます
今回のシールズカンパニーの一件を読んで、こんな設定もあれば面白いなと感じました!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、怪盗PKST団について考察をしました!

ぜひ日常ロックの考察や感想をもかのTwitterでDMやリプで教えていただければ幸いです!

皆さんで「日常ロック」をさらに楽しみましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました