スポンサーリンク

【日常組考察】PKST団の宿敵として現れた怪盗Zの正体!センターカラーにも描かれた〇〇が怪しすぎる?実況シリーズ「脱獄2」で脱獄計画の密告者と同一人物か?「日常ロック」の今後の展開予想!※最新第1話ネタバレ注意

日常組

どうもみなさんCiao!もかです!

今回は、前回の記事でまとめた「日常ロック」の記念すべき連載開始の第1話からの考察です!

もか
もか

第1話の内容まとめもチェックしてね♪

第1話で明らかになったPKST団逮捕の理由と宿敵”怪盗Z”の存在

今回は、怪盗Zについて考察をしていきたいと思います

スポンサーリンク

PKST団を逮捕に導いた怪盗Z

怪盗Zは、PKST団がゾペロニア銀行に預けているお宝を盗むという挑戦状を出し、まんまと彼らを嵌めて投獄に導きました

そして、怪盗Zらしき人物と影とその協力者のような影も描かれていましたね!

この怪盗Zという人物が一体誰なのか…

そして、協力者は一体誰なのか

もか
もか

今回の考察は以前の記事でも投稿している考察とも繋がっていますので、まだ読んでいない方はそちらの記事から読むことをおすすめします!

スポンサーリンク

怪盗Zの正体

まずは今回の考察の結論から話します

そして、以前の考察をチェックしている方ならもうご存知かもしれませんが、もかは脱獄2での密告者はトラゾーさんなのではないかと考えています

その理由は以前の記事でまとめているので、ぜひそちらをチェックしてください!

もかが考察する今回登場した怪盗Zの正体

それは…

トラゾーさんです!

つまり、脱獄2でも今回の脱獄1に続く最初の逮捕も全てトラゾーさんの作戦だったのではないかと考えています

そして、怪盗Zの協力者であろう人物は

盗賊シリーズで出てきた”道化師”だと考えています!

道化師はゴルゴンに変装をしていましたが、脱獄2では看守であるリアムにも変装していました

最終回の脱獄時に「また俺から逃げるのか!」と叫んでいたのは、1つ目の脱獄に加えて、ゴルゴン邸での窃盗のことでもあったのかもしれません…

ステイサムも道化師である可能性もありますが、囚人番号7番であるジョンがクロノアさんの牢屋に来た後に、ステイサムはジョンを追跡していたことと、クロノアさんがステイサムをスタンガンでスタンさせた後リアムは普通に行動していたので、別人と考えるのがそれっぽいかもしれません

つまり、怪盗Zであるトラゾーさんの協力でPKST団を捕まえ、その後のことは道化師がリアム看守として刑務所で彼らの処分をする、という計画なのではないでしょうか?

もしくは、怪盗Zが道化師で、トラゾーさんがその協力者という可能性もありますが、怪盗Z=トラゾーさんの方が辻褄が合うともかは考えています

スポンサーリンク

根拠1:素顔

そして、今回の考察には根拠がいくつかあります

その1つは、センターカラーでも描かれているこちら絵です

一見普通にPKST団の4人、つまり日常組のメンバーが描かれているだけに思えます

しかし、ある部分に違和感がありませんか?

それは、トラゾーさんの顔です!

これは第1話の本編でも同じ描かれ方がされていますが、トラゾーさんだけ表情が描かれていません

これはトラゾーさんが他の3人の裏切り者である伏線なのではないでしょうか?

もちろん、普段はビニール袋を被っているから素顔が描かれていないという可能性もありますが、YouTubeではビニール袋の下の素顔のスキンも何度か公開されているので、普通に素顔が描かれていても不思議ではありません

しかし、これだけでは根拠として薄いかもしれませんね

スポンサーリンク

根拠2:イニシャル

2つ目の根拠は、イニシャルです

まずはPKST団のことを考えてみると、

P:ぺいんとさん
K:クロノアさん
S:しにがみくん
T:トラゾーさん

という頭文字を取ってPKST団という名前になっているのがわかります

そして、怪盗Z

トラゾーさんの名前をアルファベットで書くと

TORAZO

です

怪盗Zの”Z”はトラゾーさんのZなのではないでしょうか?

スポンサーリンク

根拠3:拳銃

さらに、今回の第1話でしにがみくんがトラゾーさんに渡された拳銃です

実際PKST団の3人が捕まった原因は、しにがみくんの拳銃が使えなかったことです

もしあのタイミングで拳銃をちゃんと使えれば、逃げることもできたかもしれません

しかし、拳銃が使えなかったことで、しにがみくんは撃たれ、クロノアさんは諦めてしまいました

そして、トラゾーさんが拳銃を渡した時

「素人でも使えるようにカスタマイズしてある」

「しにがみさんが捕まったらミッションは失敗」

という発言をしています

だからこそ、しにがみくんが撃たれクロノアさんは諦めてしまったのでしょう…

素人に使えるようにカスタマイズしてあるのであれば、安全装置が簡単に外せるようになっていたり、すぐに撃てる状態にしておく方がそれっぽい感じはしませんか?

しかも、しにがみくんが捕まったら失敗という認識を持っていたことから、しにがみくんをまず捕まるようにしてしまえばPKST団は終わりだということにもなります

つまり、わざと使えない拳銃をしにがみくんに渡し、まず逮捕させ、残りのぺいんとさんとクロノアさんも逮捕、という計画をしていたのではないでしょうか?

そもそも同行もサポートもできない理由は、トラゾーさんの存在がバレるわけにはいかないからというものでした

しかし、普段ビニール袋を被っているので、素顔を出した状態で行動しているのであれば脱走のサポートであれば十分可能な範囲だと思います

それをしなかったのは、3人が捕まることを承知の上で犯行開始した、トラゾーさん自体が怪盗Zだったということに繋がるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、怪盗Zについての考察でした

ぜひ皆さんの感想や考察をもかのTwitterのDMやリプで教えてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました