スポンサーリンク

【呪術廻戦 第251話 ネタバレ】まさかの乙骨死亡!?ついに、虎杖が赤血操術使用!宿儺戦に真希参戦!伏黒は救えないのか…?

スポンサーリンク
呪術廻戦
スポンサーリンク

どうもみなさんCiao!もかです!

まさかの乙骨による「捌」の模倣

さすがの宿儺にも一瞬の隙ができそうです

この隙を見て、虎杖が宿儺へ攻撃をするという作戦でしょうか?

これからの展開が気になりますね

今回は、呪術廻戦第251話についてまとめていきます

もか
もか

第251話の展開予想はこちら!

スポンサーリンク

第251話「人外魔境新宿決戦23」

第250話のラストに「捌」を繰り出した乙骨

そして、乙骨の領域展開「真贋相愛」の“贋”の意味も明かされています

そもそも真贋には、ほんものとにせものという意味があります

これに関しては、以前考察していた通り模倣による術式の使用を贋物(にせもの)という表現がされているようです

スポンサーリンク

宿儺の指

乙骨が自らの術式である「捌」を模倣したことに動揺している宿儺

いつの間に模倣の条件を満たしたのか不思議に思っている様子です

驚いている宿儺に対して乙骨が、条件を満たした方法を明かします

乙骨は裏梅が回収できなかった宿儺の指の最後の1本を取り込んでいたのです

おそらく宿儺が言っていた五条が保管していた指を乙骨が託されていたのだと思われます

そして、宿儺の一瞬の動揺の隙を逃さずに虎杖も攻撃を繰り出します

ここが宿儺を倒して伏黒を取り戻す最後のチャンスだと虎杖は言っています

そのために宿儺から攻撃を受けても、すぐに反転術式で治癒を繰り返しています

スポンサーリンク

宿儺の覚悟

虎杖の魂を捉える打撃を喰らい続け、呪力出力も肉体の支配もかなり鈍くなっている宿儺

このままではまずいと思ったのか「彌虚葛籠」を解き、天使の術式を受けながら捨て身の世界を断つ「解」を放とうとします

しかし、そう来ることは乙骨と虎杖には想定済み

宿儺が「彌虚葛籠」を解除した隙を逃さず、虎杖とリカが宿儺の腕を押さえます

乙骨は宿儺が術式対象を拡張した「解」を「彌虚葛籠」と併用できないことに気づいており、単技でも掌印か呪詞の詠唱またはその両方が必須だと分析

そのどちらもさせないために、乙骨は攻撃の手を休めません

虎杖の攻撃を受け、斬撃も弱まっている今なら近づいても怖くないようです

スポンサーリンク

虎杖の赤血操術

そしてついに、虎杖の術式らしきもの描かれました

宿儺の顔面に付着していた虎杖の血が炸裂したのです

それはまるで脹相が使う超新星にも似ています

脹相ほどの威力とまではいきませんが、やはり虎杖も赤血操術を使用できるようになったのでしょうか?

これは虎杖自身の術式なのか、呪胎九相図を取り込んだことによる術式なのか…

スポンサーリンク

出力最大「邪去侮の梯子」

九十九から託された魂の研究記録によると、魂は基本多少混じることはあっても1つになることはないそう

また、脹相のように呪物と器が非術師である場合は呪力差が大きすぎて、基になった人間の魂を感じないことがあるらしいです

しかし、そのような場合でも、奥深くに沈んでいるだけで消えたり1つになることは決してないそう

基本という単語は虎杖が付け加えただけらしく、九十九の研究的には十中八九1つになることはないみたいです

虎杖は他人同士の魂をくっつけることができる真人の術式「無為転変」を知っているため、基本とつけていたようです

そして、この研究記録を根拠に虎杖は、自分なら伏黒を叩き起こせると確信しています

さらに、呪物と器の魂を引き剥がし、呪物と肉体の同調を鈍らせることができれば、天使の術式による生存率が跳ね上がるようです

天使の術式は、対象の術式の消滅です

受肉体は術式と呪物が直結しているため、宿儺を消し去ることができます

しかし、術式はどうしても脳と絡むため対象の生存率が低くなってしまうのです

ですが、虎杖が伏黒と宿儺の魂を引き剥がし、同調を鈍らせることで、そのリスクもかなり減らせるのです

そして、宿儺の呪力出力と肉体の支配がかなり弱まってきたのを見計らい

乙骨は出力最大の「邪去侮の梯子」を放ちます

そして、虎杖は肉体の奥底に眠る伏黒の魂に干渉します

しかし…

スポンサーリンク

伏黒の絶望と鬼人の参戦

「邪去侮の梯子」が宿儺に直撃したのを確認し、虎杖は伏黒を叩き起こすために肉体に触れます

魂の構造という観点から、虎杖と乙骨の算段に間違いはありませんでした

しかし、伏黒の魂に触れ、虎杖が伏黒のもとに現れた時には…

「いいんだ もういいんだ」

と伏黒の魂には既に生きる意思はなくなっていたのです…

何よりも守りたかった津美紀を自らの肉体により殺害し、恩人である五条も手にかけてしまった

伏黒自身の行動ではないにしても、虎杖がこれまで感じていたのと同等かそれ以上の苦しみを味わったのは間違いありません

そして…

「“龍鱗” “反発” “番いの流星”」

宿儺が呪詞を唱え、「解」を放ちます

それを乙骨、リカ、虎杖は諸に受けてしまいました

その瞬間乙骨の領域の天井が砕けます

さらに宿儺の背後から宿儺を刀で貫く人物が…

術師の常套手段であり、宿儺であれば本来防げたであろう凡策

それは勝利を確信した者への急襲でした

宿儺の背後に現れたのは、呪力持たざる鬼人・真希

宿儺は真希の姿を見て、笑みを浮かべています

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、呪術廻戦第251話についてまとめました

次号は休載ということで、第252話は3月4日公開です!

ぜひみなさんの感想や考察をコメントやXで教えてください!

では、また( ´ ▽ ` )ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました