スポンサーリンク

【呪術廻戦最新148話ネタバレ速報!】真希VS扇!醜悪の親子対決!禪院家のクズさがヤバすぎる…

スポンサーリンク
呪術廻戦

どうも皆さんCiao!もかです!

今回は、YouTubeの方ではもう動画を出しましたが呪術廻戦最新148話についてまとめていきます!

本誌の内容も少しずつ読んでいる漫画について、このブログでまとめていきたいと思います♪

スポンサーリンク

第148話「葦を啣む」

今回の最新148話のタイトルは「葦を啣む」です!

扉絵には、まだお腹の中にいる頃の真希と真依の双子の姿が描かれています

呪具を回収するために、真希は禪院家へと帰っています

真希を待ち受ける悲劇とは…

スポンサーリンク

クズ直哉

真希が帰ると、直哉が1人ピアノの前に座っています

「酷い面やな。それもう治らんのやろ?どうすんの?真希ちゃん」

と話しかける直哉

「女を顔で判別できたんだな。尻しか見てねぇと思ったぜ。」

と言い返します

「どうすんのって聞いてんねんけど。答えろやカス」

「呪術も使えん。呪霊も見えん。取り柄のお顔もグズグズ。もう誰も君のこと眼中にないで。」

「昔みたいにまたイジメたろか?」

「どうすんの?乙骨くんと恵くんの金魚のフン?」

とクズ発言を連発する直哉

しかし、真希は完全無視で忌庫に向かいます

スポンサーリンク

真希の想い

忌庫に向かう真希の前に母親が現れます

そして、真希が伏黒に当主を引き受けるよう頼む回想シーン

「禪院家当主!?俺が!?」

と驚く伏黒ですが、

「お断りします。面倒くさい。」

と断ります

しかし、真希は

「いや悪いが、受けてくれ」

「直毘人は恵には禪院家の財産を全て譲るって言ったんだ。」

「金に呪具、当主になれば御三家や総監部の情報も入ってくる」

「これからの私たちの立ち回りが大きく変わる」

とメリットを話す真希

伏黒は

「じゃあ、真希さんがやってくださいよ。」

と言いますが、

「今の私じゃ誰も納得しねぇし、ついてこねぇよ」

「…まだ、私じゃダメなんだよ」

「私じゃ真依の居場所を作ってやれない」

と真希が当主になりたい本当の理由が話されます

真依の居場所を作るために真希は当主になろうとしていたのでした

この想いを聞いた伏黒は

「わかりました」

と当主を引き受けます

スポンサーリンク

クソ親父

そして、禪院家忌庫に到着した真希

しかし、そこに呪具はなく、真希の父親・扇が待ち受けています

「ここに呪具はないぞ、真希」

「オマエたちの動向を見越して空にしておいた」

と話す扇ですが、その後ろには…

「なんで来たのよ、馬鹿」

と血を流しながら真依が倒れています

五条家との関係修復や加茂憲紀との関係も含め、直哉よりも伏黒の方が良いと考える甚壱たちでしたが、伏黒に全財産が渡るというのは納得できないようです

そこで禪院家が利用したのが

「五条悟を渋谷事変共同正犯とし
呪術界から永久追放、
かつ封印を解く行為も罪と決定する」

という総監部からの通達

これを利用し

「五条悟解放を企てた謀反者として、伏黒恵、真希、真依を誅殺する」

3人を抹殺しようとしているのです

しかも、この発案者は真希と真依の父・扇でした

スポンサーリンク

親子対決

真希と扇の戦闘が開始!

扇は直毘人も使用していた秘伝「落花の情」を居合いに転用し、使用します

それに対して真希は、組屋鞣造の傑作呪具「竜骨」を使用します

「刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせて峰から噴出する」という効果を持つ呪具

呪具の効力を知られていないアドバンテージを利用して、真希は短期戦に持ち込むつもりです

扇は、

「なぜ前当主が私ではなく直毘人だったか、知っているか?」

と尋ねる扇

「テメェが子供を殺せるクソ野郎だからだろ」

と言い返す真希

その瞬間、2人の戦闘が始まります

扇の一撃を真希は防ぎ、1撃目で扇の刀を真っ二つに叩き折ります!

そして、3撃目で撃破しようとした瞬間

斬られたのは扇ではなく、真希!

扇の刀を見ると、折れたはずの刀身が作り出されています

「なぜ私が当主になれなかったか…」

「それは子供のオマエ達が出来損ないだからだ…!」

と言い放つ扇

骨肉の死闘。その結末は…

スポンサーリンク

まとめ

今回は、呪術廻戦最新148話についてまとめました

もかのYouTubeチャンネルでは、毎日呪術廻戦の考察動画を投稿しています!

ぜひコメント欄の方で、考察や感想コメントしてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました