スポンサーリンク

【ブルーロック 第252話 最新話ネタバレ】士道が先制点!“天邪鬼”シャルルの最高表現が描く芸術!

スポンサーリンク
ブルーロック
スポンサーリンク

どうもみなさんCiao!もかです!

凛からの反撃で先制点を奪われるかと思いましたが、氷織の活躍で失点にはなりませんでした

現時点で凛の先を読めているのは、潔ではなく氷織の方かもしれませんね

個人的には、國神の活躍を期待したいですが…笑

今後の展開も楽しみです!

今回は、ブルーロック第252話についてまとめていきます

もか
もか

第252話の展開予想はこちらからチェック!

スポンサーリンク

第252話「最高表現」

凛に点を決められるかと思いきや氷織がなんとか防いでくれたシュート

そのこぼれ球から今回の第252話が始まります

展開としては、以前の記事で予想した展開のうちの1つが的中した形になりました

両チーム合計22人が100%の力を発揮しながら挑む最終試合

どのような展開が待ち構えているのか…

スポンサーリンク

史上最高の11対11

潔は自分が凛に競り負けた場合までを完璧に想定して、全部読み切った氷織に感動しています

シュートコースに一瞬の無駄なく走り込んだ氷織

潔の視界を完全に理解し、イメージを共有できる氷織だからこそできる動きでした

ここまでのプレーの全部、全員が試合開始から超次元のレベルで動いています

フィールドにいる22人全員が準備してきた100点満点のプレーをしているのです

そんな最終戦をプレーする潔は、この試合が

潔史上最高の11対11になる!!!

と確信しました

スポンサーリンク

氷織と烏

そして、こぼれ球を拾ったのはP・X・Gの烏

烏は氷織との関係もあったので、見なかった間に進化していた氷織を見て嬉しそうな様子

「なんや氷織 ちょっと見ん間に♂味増し増しやんけお前」

と話しかけます

「アカン?」と返す氷織に

「いや全然 むしろ待ってたわボケェ」

と氷織が進化することを待ち侘びていた烏なのでした

そして、烏はドリブルを始め反撃開始!

潔もここから起こる全員の100点満点のサッカーを予測するべく超越視界を使用します

しかし、烏が取った選択はバックパスでした

スポンサーリンク

シャルルの天邪鬼

予期していなかった烏のバックパス

P・X・G指導者えだるジュリアン・ロキは、

「戦場全員の意識が目のめりに熱くなる瞬間」

「天邪鬼のキミの悪戯心がブッ刺さる」

と呟きます

そして、ボールは背後に潜んでいたシャルルのもとに

誰もがゴールへの警戒と自分のプレーに集中したことで、シャルルの存在を忘れていたのです

そこからすかさずボールを蹴るシャルル

パスなのか…シュートなのか…

潔は凛へのパスだと断定し凛をマークしますが…

スポンサーリンク

シャルルと士道龍聖の最高表現

凛も自分へのパスだと思いボールの前に飛び出しますが、直前でボールが浮き上がります

絶妙な逆回転をかけたシャルルのパスは凛の手前で急上昇

凛へのパスではなく30m超えのロングフィード

潔も想定していない意識外へのキックだったのです

そして、そこには士道だけが全力疾走で走っていました

まさかシャルルと士道が通じ合っているのか…と思いきや、士道は弾道を全く見ていません

さらにシュートを打ったシャルルすらも、自分の最高に天邪鬼なポイントに士道がいたことに驚いています

そして、士道も自分の最高に気持ちぃトコにボールが来たことに気づきます

通じ合っていたわけではなく、それぞれが自分の最高を求めた先にある即興だったのです

それはまさに潔と氷織が前の試合で起こしたものと同じ

最高の共鳴

なのです

そして、士道の弾丸頭撃が炸裂し、P・X・Gが先制点!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回はブルーロック第252話についてまとめました

ぜひみなさんの感想をコメントやXで教えてください!

では、また( ´ ▽ ` )ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました